記事

夏のノベルティに!オリジナル扇子特集

夏のノベルティ・販促品にオリジナル扇子を作ってみませんか?

夏のノベルティグッズや販促品として扇子が人気となっています。
特に年配の方向けのノベルティグッズとして人気が高いようです。
販促ツールとして、夏の商談時や各種ビジネス展示会などでノベルティグッズや来場・成約の記念品などとして幅広い用途で配布されています。
名入れの方法もシルク印刷・レーザー刻印などご希望・ご要望・ご予算に合わせたご提案をさせて頂きます。

扇子への名入れは親骨になります

まずは、扇子の各パーツの名称をご説明致します。
■扇面:扇子の表面の紙または布を貼り付けた部分
■親骨:扇子の骨組みを扇骨と呼び両端にある太い骨が親骨
■中骨:扇骨で親骨以外の薄くしなやかな骨が中骨
■要(目):親骨と中骨をまとめてい金具部分

扇子の各パーツで名入れを行うことが出来るのは、「扇面」と「親骨」の2ヶ所となりますが、お店がどっとこむでは「親骨」への名入れを主に行っております。
「扇面」をオリジナルとなると、ある程度のロットが必要になり、海外工場での作製となるため、コスト・納期がかかってしまいます。
「親骨」への名入れであれば、小ロット・短納期でのご提供が可能となっており、フレキシブな対応が可能となっております。

親骨への名入れはシルク印刷・レーザー刻印で行うことが可能

シルク印刷はインクでプリントをする名入れを行い、レーザー刻印は親骨をレーザーで削って名入れを行う手法です。
それぞれ名入れ金額が変わってきますのでご確認ください。

シルク印刷の場合


シルク印刷では、このようなイメージで親骨に名入れを行うことが出来ます。

販促品目的など安価で名入れを行いたい場合は、コーポレートカラーが決まっていてその色で名入れを行いたい場合などは、シルク印刷で名入れを行うことをオススメ致します。
納期をとにかく短くしたい場合もシルク印刷で行うことで短納期を実現することが可能です。
既製柄扇子はこちら

レーザー刻印の場合


レーザー刻印では、このようなイメージで親骨に名入れを行うことが出来ます。

風合い・高級感のある名入れが行える手法なので、成約記念や周年記念などの記念品向けにオススメです。
シルク印刷よりコストはかかりますが、見た目がよりよい仕上がりとなりはずです。
既製柄扇子はこちら

関連記事